医師・スタッフ紹介

藤本 心祐 [院長]

患者様を中心とした、地域に根差した精神医療の推進に尽力させていただきます。

何かと予期できない変化や日々の生活の負荷の多い昨今、心身の不調に起因する、不安、気分が沈む、不眠などの症状は増加の一途を辿っていますが、皆様がこの現代社会を乗り切っていかれますよう、引き続き共に悩み、実践していきたく存じます。

よろしくお願いします。

藤本先生トリミング

医師DOCTOR

  • 遠山先生トリミング
    遠山 照彦

    1983年京大医学部卒業・日本精神神経学会専門医・精神保健指定医・家族心理教育インストラクター

    2018年5月から着任しました。精神疾患がありながら、いろいろな理由でクリニックや病院などの外来に受診できず、本人や家族が困っていらっしゃるケースがあると思います。そのような方を往診することが、私のしごとです。往診は、「往診チーム」(精神科医、精神科ソーシャルワーカーや看護師) で行います。医師だけでは出来ないことも多いので、コメディカルスタッフと一緒にしごと出来ることを、心強く思っています。もともと私の専門は、精神科の中でも統合失調症のある方のリハビリテーションで、30年以上そのことを中心に診療してきました。精神科病院、総合病院、精神科クリニックなどを経験してきました。その中で長期入院している方を何とか退院させられないかと、いろいろ悩みつつ病棟でがんばってみましたが、うまくいきませんでした。その経験から、地域での支援体制が大切であること、特にアウトリーチ (患者さん宅に出向く支援) の充実が決め手だと感じ、往診・アウトリーチをしごとにしたいと考えた次第です。始めてみて、統合失調症や躁うつ病・うつ病のある方に限らず、いろいろな精神疾患のある方で、若い人から年配の方まで、往診を必要としている方が、結構たくさんいらっしゃるのに驚いています。経験だけは長いですが、どれだけご要望にお応えできるか分かりませんが、精一杯がんばりたいと思っております。どうぞ宜しくお願いします。

  • 戸瀬 景茉

    精神科専門医(日本精神神経学会認定)・精神保健指定医(厚労省)

    現代社会では多くの方が何らかの悩みを抱えています。そして全ての悩みには対人関係の問題が根底にあると言っても過言ではありません。クリニックを受診される患者さんは症状が出る程に対人関係の問題を抱えますが、そこには遺伝的な要因、社会的な要因、成育歴の要因などが考えられます。特に愛着の問題、発達障害、トラウマなどがある方はより問題を抱えやすくなると言えます。表現としては「うつ」であってもそれらの問題を背景に持つ患者さんを多く診てきました。初診では現在の症状と幼少期からの両親や友人との関係、発達歴などを確認し、物語としての患者さんの全体像を作り上げることを意識しています。現状の原因を過去に求めることに終始するのではなく、今に焦点を当てて今を生きることが一番大切なのですが、過去の物語から今の症状が理解できることがあり、それは患者さんが今の症状を受け入れる助けになります。

    自分は摂食障害の患者さんを診る機会が多いのですが、摂食障害の根底にはやはり対人関係の問題があります。患者さんは痩せることによって、対人関係で生じる様々な不安から自分を守っていると言えます。ですので、対人関係の不安を痩せることではなく、コミュニケーションなどで適切に対処する力を身につけていく必要があります。症状は必要があって生じており、それを認めることも大切で、これは他の疾患についても言えることです。

    子どもが養育者に対して持つ情緒的な絆を愛着と言いますが、愛着は対人関係の基礎となるものです。

    その観点から自分は愛着の研究もしています。


    【お薬について】

    いつかは薬を止めていくことを目標とし、基本的には依存性の無い薬を使用します。疾患によっては長期間薬を使い続ける必要があります。漢方は依存性や副作用がほとんど無く、イライラ、不眠、フラッシュバックや生理前の抑うつ、イライラに漢方が効くとかなり楽になる印象があります。


    【学会】

    日本摂食障害学会

    日本児童青年精神医学会

    日本精神神経学会


    摂食障害、思春期症例などを多く診ています。よろしくお願い致します。

  • 町田 康博

    令和2年4月から非常勤医師として勤務しています。精神科医としては5年程度の短いキャリアではありますが、その短い間でも受診が継続できずに十分な治療を受けることが出来ないという患者さんも多くいました。そういったケースには様々な要因がありますが、特に患者さん自身の精神症状(外に出るのが怖い、不安など)によって受診が出来ないといった場合、本当は治療を受けるべき状態であるのにそれが困難であるということは、医療を提供する医療者としても歯がゆいものでありました。そんな中で、当院では往診を担当することになり、今まで出来なかった医療介入をさせていただいています。介入することが全て良いことだとは思いませんが、患者さんが元気になるお手伝いをさせていただければと思っています。どうぞよろしくお願いします。

スタッフSTAFF